Lisra人流データ活用フォーラム(6/6 木)の開催について

LisraForum


Lisra 人流データ活用フォーラム

 ~ 「おもてなし」のための人流情報の活用を目指して ~

 情報技術の進展により、WiFiやBLE、 カメラやスマートホンアプリなどを用いた人の流れの情報が活用できるようになりつつあります。位置情報サービス研究機構(Lisra)では、これまで、 様々な屋内位置情報サービス実証実験のとりまとめを行うだけでなく、 O2Oデジタルマーケティング研究会や人流データの分析などの活動も進めてきました。
 今回は、集まりつつある人流情報を「おもてなし」 のためにどのように使えるのか、また、 どのような取り組みが今後必要か、といった観点から、 様々な識者にお集まりいただき、フォーラムを開催します。
ぜひ、ご参加ください。

日 時: 平成31年6月6日(木)14:30~18:30(14: 00受付開始)
会 場: TIME SHARING秋葉原 (奥山ビル8階)
      東京都千代田区外神田1-15-18 (  会場案内  )
主 催: NPO法人 位置情報サービス研究機構(Lisra)
     中部おもてなしプラットフォーム研究会
共 催: JST CREST (異種ドメインユーザの行動予測を可能にするペルソナモデルの転移技術)
参加費: Lisra 会員 無料, Lisra 非会員 2000円, (教員・学生は Lisra 会員(無償)になれば無料です)
     終了後懇親会を予定

参加申込み: Peatixへのリンク:https://lisra2019.peatix.com
       もしくは forum2019@lisra.jp までメールでご連絡ください。

プログラム

14:00  開場
14:30  ごあいさつ
     位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫

14:40-15:20 講演
   「コロプラおでかけ研究所の取り組みについて」  
      株式会社コロプラ おでかけ研究所事業部 事業部長 酒井 幸輝
  講演概要:
    サービス開始以降、北陸新幹線開業、大河ドラマ放映効果、 東京オリ・パラ
   の交通対策に至るまで、150を超える様々な官公庁の調査事業を受託し、地域・
   都市課題と向き合ってきたおでかけ研究所が提供しているサービスの内容と導
   入事例をご紹介します。

15:20-15:50 講演
   「人流情報から見えるユーザーの姿や行動類型について」
      レイ・フロンティア株式会社  CCO 澤田 典宏 
  講演概要:
    2014年10月から運営を始めたライフログアプリ『SilentLog』。スマート
   フォンの各種センサーから収集した人流情報から、現在はどこまでがわかるよ
   うになっているのか。また人流の分析から、どのように人の行動傾向は分類で
   きるのか。本講演では、弊社が進めている様々な分析事例を元に、これら人流
   情報分析の今をお話しすると共に、それらの分析を進める上で課題となるもの
   は何かについても提示します。

15:50-16:20 講演
   「JRISSにおけるWi- Fiパケットセンシングによる人流計測の事例紹介」
      株式会社 社会システム総合研究所 主任研究員 望月 祐洋
16:10-16:40 講演
   「いますぐできるIoTによるSCの課題解決
      ~ Wi-Fi を活用した潜在顧客の 回遊行動分析の最新事例~」
      株式会社 構造計画研究所 IoEビジネス推進部 人間行動工学室 室長 三宅 隆喜(当日発表者)
      株式会社ピーアンドディコンサルテインング 開発事業本部 マネージャー 山本喬
  講演概要:
    SC(ショッピングセンター)内のお客様の回遊行動を計測・分析した実例と
   して、UNICUS(ウニクス)南古谷での実施内容についてテナント名称やデー
   タを一切加工することなく、そのままのリアルなデータでご紹介します。
   回遊行動分析はSCの付加価値向上に繋がるテナント配置やプロモーション施策
   の効果検討に非常に有効な手段です。

16:40-17:10 講演
   「創造的で持続可能な位置情報データの利活用をめざして
        ~ブログウォッチャーの取り組み事例~」
      株式会社ブログウォッチャー カスタマーサクセスグループ 山下 大介
  講演概要:
    位置情報データの活用により、スマートフォンでの顧客体験向上から広告配
   信まで、ユーザーのちょうどいい間(ま)=マイクロモーメントを見極め、情
   報を届け、測定する、マーケティングの一連のプロセスが格段に高まってきて
   います。一方、データを取り扱う企業が、データ提供者のプライバシーにどの
   ようなスタンスで取り組んでいくかが、データの利活用を持続的に進めていく
   ためには不可欠となってきています。
    位置情報データ流通のプラットフォーム事業を主軸とするブログウォッチャー
   での取り組みについてご紹介致します。


   [休憩]

17:20 パネルディスカッション
   「人流データを用いた「おもてなし」について(仮題)」
   司会:位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫
   パネリスト:
      コロプラ おでかけ研究所事業部 事業部長 酒井 幸輝
      レイ・フロンティア  CCO 澤田 典宏
      ブログウォッチャー カスタマーサクセスグループ 山下 大介
      構造計画研究所 IoEビジネス推進部 人間行動工学室 室長 三宅 隆喜
      Koozyt 株式会社 取締役 塩野崎 敦

18:30 閉会
(終了後、19:00 より会場近く
  「しゃぶしゃぶ 焼肉食べ放題 めり乃 秋葉原本店」にて懇親会を予定)


シナジック・ナイト03(11/8 木)の開催について


NPO Lisra では、名古屋大学・東京大学・ティアフォーと共同で、JST(科学技術振興機構)の未来社会創造事業(MIRAI)において「Synergic Mobilityの創出」という研究プロジェクトを実施しています。このプロジェクトでは、自動運転が普及する未来において、どのようなサービスプラットフォームが必要とされ、その実現に必要な技術は何かについて研究開発を進めています。
(参考URL https://synergic.mobi )
「シナジック・ナイト」は、本プロジェクトに限らず、広く「自動運転の未来」について議論するために企画されました。今回は東京での開催です。今回のテーマは「これからのモビリティサービス」です!ご興味ある方はぜひご参加ください。

[参加申し込みリンク]

主催:名古屋大学未来社会創造機構 モビリティ領域
後援(予定):愛知県
   愛知県幸田町
   NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)

日時:2018年11月8日(木) 17:00 開場、17:30~21:00 (交流会含む)
場所:東京都港区港南1丁目6−41 品川クリスタルスクエア
   フクラシア品川クリスタルスクウェア

参加費:学生1000円, 社会人3000円(交流会費込み)

プログラム:

17:00 開場、受付(名刺をお持ちください)
17:30~18:00 ご挨拶/ JST MIRAI「Synergic Mobilityの創出」プロジェクト概要説明
     名古屋大学未来社会創造機構 教授
   /株式会社ティアフォー 取締役 /NPO法人 Lisra 代表理事 河口 信夫

18:00~18:30
 ・特別講演「JapanTaxiにおけるモビリティサービス構想」
     JapanTaxi株式会社 取締役 CTO 岩田 和宏

18:30~19:10
・自動運転に関係する識者からの情報提供
  「一般道における自動走行実証実験の取り組み」
             アイサンテクノロジー株式会社 取締役 佐藤 直人

  「移動をエンタテイメントに:ソニーが考える新しい移動体験」
    ソニー株式会社 AIロボティクスビジネスグループ 商品企画部
        担当部長 チーフビジネスプロデューサー 江里口 真朗

19:10~19:45
・パネルディスカッション「これからのモビリティサービス」
      オーガナイザー:  河口 信夫
        パネリスト:   岩田 和宏、佐藤 直人、江里口 真朗

19:45~21:00
・交流会 (軽食・飲み物付き)


競争的資金等への不正防止取組の基本指針

特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構は、研究機関における公的資金等の使用に関して、管理・監査のガイドライン(実施基準)に基づいて、以下のような取り組みをいたします。

1.法令・指針・ガイドラインの遵守
研究活動等不正防止に関する法令、国及び研究費配分期間等の定める以下のガイドラインを遵守したします。
文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月文部科学大臣決定、平成26年2月改正)

2.責任体制の明確化
公的研究費の適正な管理・運営をするために、責任者を以下の通り定めます。

・最高管理責任者  : 代表理事
・総括管理責任者 : 事務担当理事
・コンプライアンス
    推進責任者 : 研究担当理事

3.不正防止のための管理・推進体制の構築
研究活動に於いての不正防止と管理・推進体制を構築し、当機構の実態に合った実効性のある体制を築き、競争的資金等に関する不正防止計画を作成し運用いたします。

4.運用規定・運用ルールの整備
競争的資金等の使用に関する規程を定め、運用ルールは法令・指針・ガイドライン及び機構内規定に沿って行い、運用ルールの改編などが有った場合には見直しを行います。

5.情報発信・共有化の推進
競争的資金等に関する不正使用の相談・告発窓口を設置し運用ルール・資金等の使用に関する情報を共有し管理組織を通じて対処し、指導を行います。

6.モニタリングの在り方
不正の防止、資金の適正な管理を図るため、相談・報告・告発・定期調査をもとに、監査委員会を設け、不正につながる要因を分析しその不具合の排除・指導などを強化いたします。


プライバシーポリシー

特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構(以下「当法人」という。)は、位置情報サービスに関わる様々な事業を行っております。当法人が取扱う個人情報の保護について、社会的責任を十分に認識して、個人の権利利益を保護し、個人情報に関する法規制等を遵守いたします。

また、以下に示す方針を具現化するために、個人情報保護に注力し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的な改善に取り組みます。

 ・ 当法人事業において取扱う個人情報について、予め特定された利用目的の範囲内において、個人情報の適切な取得・利用および提供を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)は行いません。また、そのための適切な措置を講じます。

 ・ 当法人は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針およびその他の規範を遵守いたします。

 ・ 当法人は個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失またはき損等のリスクに対しては、合理的な安全対策を講じ、個人情報のセキュリティ体制を継続的に向上させていきます。また不適切な事項については是正を行うなどの内部規程を定め、個人情報を最善の状態で保護いたします。

 ・ 当法人は個人情報の取扱いに関する苦情および相談対応への内部規程を定め、苦情および相談には、迅速かつ誠実に対応いたします。

 ・ 対応窓口は当法人「コンプライアンス窓口」といたします。

以上


屋内測位×購買履歴 ハンズオンデータ分析ワークショップ

屋内測位×購買履歴 ハンズオンデータ分析ワークショップ
~Tableau を使ってO2Oの実験データを分析してみよう~

特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構(Lisra)は、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、セントラルパーク株式会社の協力の下、名古屋セントラルパーク地下街を実証フィールドとした「O2Oデジタルマーケティング研究会」を2015年9月に立ち上げ、2017年4月にクーポンとアプリを連動させたマーケティングイベントを開催しました。今回のデータ分析ワークショップでは、参加者の皆さんにビジュアル分析プラットフォームTableauを使っていただき、このイベント中に収集した消費者の屋内測位による移動履歴と購買履歴のデータの視覚化・分析から、面白い発見・知見を探ります。当日は、Tableau の使い方を学んで頂いた後、実際の生データを操作しますので、プログラミングすることなくデータ分析を行えますので、皆さん奮ってご参加ください!

日時: 2017年12月12日 10:00 - 17:30 (9:30 会場、17:30より懇親会 懇親会 19:00まで)
場所: Tableau Japan 株式会社
    104-0061 東京都中央区銀座 6-10-1
     GINZA SIX 11F
    03-6899-2500
    - 7Fの総合受付でセキュリティカードを受け取って11Fにお越し下さい
    - オフィスエントランスは中央通りではなく、裏側、スターバックスの隣になります
参加費: 2000円 (O2Oデジタルマーケティング研究会への参加費を含む)

主催: Tableau Japan株式会社 http://www.tableau.com/
    NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)http://lisra.jp/
    O2Oデジタルマーケティング研究会 http://lisra.jp/o2omk/entry-63.html

申込はPeatixよりお願いします

プログラム:
    9:30 開場
    10:00 ワークショップ概要説明
         O2Oクーポンイベントについて (Lisra 河口)
        Tableau 講習会(Tableau Japan 並木)
    12:00 昼食休憩
    13:00 データハンズオンワークショップ
        データ説明・分析のアイディア・方針
        グループ作成
    14:00 グループ毎に分かれて作業
    16:30 発表会
    17:30~ 懇親会

注意事項:

- 当日は、Tableau Desktopの無料体験版をインストールした PC をご持参ください。
    - なお、無料体験版の試用期間は2週間となっておりますので、
     12月に入ってからインストールして頂くようお願い致します。
    - 会場ではデータを USBメモリなどで共有致します。
- データは O2Oデジタルマーケティング研究会参加メンバーへの限定公開になりますので、
    - 参加頂く皆様はO2O研究会に参加されたことになります。
    - また、データとその結果については、ワークショップでの利用のみになり、
     公開はできませんので、予めご了承下さい。
    - (後日、O2Oデジタルマーケティング研究会を通じて何らかの形式で発表される
     可能性はあります)

イベント参加に関わる同意

本イベントに申し込みをされた方は、以下の事項に同意したと見なされます。
ご了解のほど、よろしくお願い申し上げます。

・私は2017年12月12日にTableauJapanにて開催される
「屋内測位×購買履歴 ハンズオンデータ分析ワークショップ」
(以下、本イベント)に参加するにあたり、以下の内容に同意します。

・本イベントで使用するデータは、実際の店舗や人などのデータを含むため、
本イベント以外では使用できないものであると理解した上で参加します。

・本イベントで利用するために、LisraからクラウドもしくはUSBメモリを経由して提供されたデータは、私の持ち込んだPC以外の他の媒体やクラウドに複製いたしません。
また、イベント終了後に該当するPCからすべて抹消します。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ