■Lisra シンポ報告+市バスデータ活用検討会+忘年会開催(12/26)


おかげ様で、2周年記念シンポは140名を超える参加をいただき、本当にありがとうございました。年末押し詰まってきてはおりますが、名古屋にて、先日開催された2周年シンポの報告や、名古屋市バスデータ活用検討などの報告会を開催したいと思います。

また、報告会終了後は、忘年会を開催します。こちらもぜひご参加ください。

■Lisra 現状報告+シンポ報告+市バスデータ活用検討会

日時: 2014年12月26日(金) 16:00~18:00(終了後 Lisra忘年会へ)
会場: 株式会社新東通信本社ホール
     名古屋市中区丸の内3丁目16番29号
 8Fホール
定員: 40人程度(報告会は申込み不要ですが、忘年会にはお申込みください!)
   (忘年会参加者は、下にあるように 白田(hakuta[at]lisra.jp) まで)
参加費:無料 (Lisra会員外の方もご参加頂けます。)

プログラム(予定):
 ・開場  15:30
 ・開会  16:00
・ ご挨拶、Lisra 2周年記念シンポのご報告(代表理事 河口信夫)
  ・ スマートステーションなごや 進捗報告
  ・ 名古屋市営バスデータの活用検討
     市バスデータの配布、及びデータ説明
    その他(G空間プロジェクト等、情報交換)

 ・終了  17:50  (終了後、近隣にて Lisra忘年会)

■Lisra 忘年会
会場:下の一色錦店
http://www.hotpepper.jp/strJ001018984/
時間:2014年12月26日(金)18:00~
会費は5400円です。(飲み放題)
参加希望の方は、以下までご連絡ください。
連絡先:白田(hakuta[at]lisra.jp)


Lisra設立2周年記念シンポジウム(12/15)のご案内

位置情報サービス研究機構Lisraもおかげさまで、設立2周年を迎えました。これを記念すると同時に、ますます広がる様々な位置情報サービスの先端的な取り組みを皆様と一緒に共有したいと思います。今回は、G空間シティ事業を始め、鉄道、空港、自動車や iBeacon、PDRといった分野での位置情報サービスの応用を聞くことが出来ると思います。

ぜひ、お越し下さい。また、この機会に本NPOへの加入もご検討下さい。

 Lisra 設立2周年記念 位置情報サービスシンポジウム 
テーマ:~ますます広がる位置情報サービスの実社会応用~
日 時:2014年12月15日(月)13:30-18:00
会 場:品川駅 徒歩4分 
    フクラシア品川クリスタルスクエア ホールA
参加費: 会員・学生無料、非会員有償
主 催: NPO法人位置情報サービス研究機構 (Lisra)

プログラム、申込み詳細については、以下のリンク先をご確認下さい。
シンポジウム申込先

ぜひ、ご検討ください。


「名駅地下街バリアフリーハッカソン」の開催について:2014年10月18日~19日

名駅地下街を題材にして,バリアフリーに関するアイデアソン/ハッカソンを開催します!

8月24日に開催した名駅地下街バリアフリーマッピングパーティーで集めたバリアフリー情報を使って,車椅子やベビーカー連れの方でも思わず地下街に行きたくなるサービスを考えるアプリ開発イベントです.

2日間の開催となりますが,途中参加・途中退席もOKです.
ご都合のつく時間帯だけでも是非ともご参加ください!

日 時: 2014年10月18日(土) 10時~20時
        10月19日(日) 10時~18時
会 場: 名古屋ルーセントタワー36階 株式会社エイチーム キャンプルーム
参加費: 無料 (ただし、飲食費用については各自実費負担の場合あり)
主 催: NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)
後 援: Code for Nagoya, オープンデータ東海, LODチャレンジ実行委員会

詳細、申込みについては、Peatix の申込みページからお願いします。


「名駅地下街 バリアフリーマッピングパーティー」の開催について:2014年8月24日(日)

名駅地下街のバリアフリーマッピングパーティーを開催します!

日時:2014年8月24日(日) 10:00~16:30
会場:名古屋プライムセントラルタワー13階 第6会議室
主催: 位置情報サービス研究機構Lisra
後援: 日本財団,LODチャレンジ実行委員会,Code for Nagoya,名古屋工業大学グローバル共生情報研究センター

参加希望者は、[こちら]からお申込みください。

このイベントの最大の目的は,地下街を歩いてバリアフリー地図を作る(段差やスロープ,店舗ごとの車椅子/ベビーカー/盲導犬の可否のマッピング)ことです.参加者で手分けして,写真を撮影しつつ,こちらで用意した地図上にバリアフリー情報をマッピングします.

なお,今回はバリアフリー地図を作ることだけが目的ではありません.
9~10月に開催する外出困難者支援アプリの開発イベント(アイディアソン・ハッカソン)のための課題抽出が大きな目的になっています. 「車椅子の方は,どのような場面でどのような問題を感じているのか」「どのような支援アプリが必要なのか」を考えるための街歩きイベントです.


LBJ2014 にて「WiFiロケーション実験プロジェクト」を実施

2014/06/11~13 に幕張メッセで開催されている Location Business Japan 2014(Interop2014併設)にて、LisraはLocation Business Japan 実行委員会と共に「WiFi ロケーション実験プロジェクト」を実施しています。

多数のWiFiデバイスが集まるイベント会場で、WiFiパケットを通じて位置情報の利活用に関する実験を行うと共に、利用者に有益なサービス提供の可能性を検証するために、イベント公式アプリを使ったゲーム企画「位置情報で宝の地図を探せ」や、「位置情報付き展示会場マップ」などのサービスを提供する実証実験として実施しています。

正式なプレスリリースは、以下から参照できます。


また、Internet Watch に記事を掲載していただきました。

・Wi-Fiパケット観測で、幕張メッセ来場者の混雑状況をリアルタイム表示

お時間がありましたら、ぜひお越しください。
また、Lisraとしては、本実験プロジェクトの経験や成果を今後の位置情報サービスの研究開発・社会実装に活かしてまいります。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ