UDC2016愛知ブロック キックオフミーティング


Lisra として、以下のイベントを共催することになりました。ぜひご参加ください!

アーバンデータチャレンジ愛知ブロックキックオフミーティング のお知らせ
(2016年7月15日 14:00~ 17:30 名古屋駅 大名古屋ビルヂング 26F)

「オープンデータ」や「シビックテック」というITを公共に活用する活動が注目されつつあります。今回、AIGID(一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会)が主催する
「アーバンデータチャレンジ」( http://urbandata-challenge.jp/ )をきっかけに愛知県でのオープンデータ、シビックテックに関する活動を活性化させることを目的に、このイベントを企画しました。シビックテックに興味がある市民・学生・企業人・研究者の皆さまの参加を期待します。

すでに愛知県下の自治体から多数のオープンデータ関係者の参加予定をいただいています。
(名古屋市、豊橋市、長久手市、半田市、安城市、西尾市、日進市、瀬戸市、東浦町)

ぜひ、ご参加ください。
--
会議名:アーバンデータチャレンジ2016 愛知ブロック キックオフミーティング
主催者:アーバンデータチャレンジ2016 愛知ブロック運営委員会
(委員長: 名古屋大学 教授 河口 信夫)
共 催:Code for Nagoya,Code for Mikawa, NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)
後 援:総務省東海総合通信局(依頼中)
    名古屋大学未来社会創造機構 社会イノベーションデザイン学センター
    情報処理学会東海支部
日 時:7月15日(金) 14:00~17:30 (13:30 受付開始)
場 所:大名古屋ビルヂング26F あずさ監査法人 セミナールーム
(愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28-12)
参加者:無料(オープンデータ、シビックテックに興味のある方)
    なお、参加人数を確認するため、以下から事前登録をよろしくお願いいたします。
     https://code4nagoya.doorkeeper.jp/events/47849

プログラム(予定):
13:30 開場
14:00 開会 あいさつ 運営委員長 河口 信夫
状況報告セッション:
■「アーバンデータチャレンジ2016 について」
   アーバンデータチャレンジ2016 実行委員 山本 尉太(国際航業)
■「これまでの東海地域のオープンデータ/シビックテックの活動について」
   名古屋大学 教授/Code for Nagoya代表/ Lisra 代表理事 河口 信夫
■「Code for Nagoya 活動紹介」
   Code for Nagoya 名誉代表  宮内 元
■「豊橋市におけるオープンデータ関連の取組み紹介」
   豊橋市役所 小野健太郎

(名古屋市など、各自治体からの情報提供 )
  (6月23日現時点での参加予定自治体:
  名古屋市、豊橋市、長久手市、半田市、安城市、西尾市、日進市、瀬戸市、東浦町

15:15 情報交換セッション:
「今、オープンデータ・シビックテックでどんな課題があり、何が求められていのか?」
   各テーブル毎に、参加者が持っている課題(地域課題)や問題意識の共有を行います。
   さらに、どんな枠組み(イベント/取り組み)があれば、その課題解決に向かえるのかを
   議論していただきます。

16:45 報告セッション:
情報交換セッションでの内容を、各グループ毎に発表していただきます。

17:15 全体ディスカッション:
今後の活動について
  UDC2016 愛知ブロックとして、今後、どのような取り組みを行うのか、スケジュールも
  含めて議論させていただきます。

17:30 閉会

18:00 近隣にて懇親会を予定 (懇親会会場で、社会人メンバーも合流していただけます)

--
アーバンデータチャレンジ愛知ブロック運営委員会
 名古屋大学 河口 信夫(運営委員長)
遠藤 守、浦田 真由、廣井 慧
 名古屋工業大学 白松 俊
 豊橋技科大 大村 廉
 豊橋市 産業部産業政策課 小野 健太郎
神藤 将弘、後藤 和也
 Code for NAGOYA 宮内 元
 Code for MIKAWA 木村 博司
佐藤 亮介


東京イベント:O2Oデジタルマーケティング研究会報告(6/22 水)


Lisra 東京イベント
「O2Oデジタルマーケティング研究会報告」
~ WiFi/ iBeacon による屋内測位・人流計測・訪問分析 クーポンイベント報告 ~

特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構(Lisra)は、西日本電信電話株式会社
(NTT西日本)、セントラルパーク株式会社の協力の下、名古屋セントラルパーク地下街
を実証フィールドとした「O2Oデジタルマーケティング研究会」を2015年9月から開催し、
2016年3月には、クーポンとアプリを連動させたマーケティングイベントを開催しました。

今回、Lisraの東京イベントとして、本研究会の報告を主なコンテンツとして
以下のように企画いたしました。ぜひご参加ください。

日 時: 2016年6月22日(水) 16:00~19:00 (15:30 開場)(終了後懇親会開催)
会 場: 構造計画研究所 本所新館
     東京都中野区中央4-5-3
     (丸の内線「新中野駅」1,2番出口より徒歩1分。)
主 催: NPO法人位置情報サービス研究機構 (Lisra)、O2Oデジタルマーケティング研究会
参加費: Lisra 会員 (準会員を含む), O2O研究会 会員: 無料
     Lisra 非会員 1000円
     (なお、Lisra 準会員は、年会費 2000円で入会可能です。)

参加申込み: 以下のURLから登録、もしくは forum2016@lisra.jp までメールで、
      所属、名前、懇親会参加の有無をご連絡ください。
http://o2omk2.peatix.com

プログラム:

15:30 開場
16:00~16:10 ごあいさつ、O2Oマーケティング研究会紹介
位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫
      (名古屋大学 未来社会創造機構 教授)

16:10~16:30 実証フィールドとしての名古屋セントラルパークでの取り組み
    NTT西日本 中村武晴
       (O2Oデジタルマーケティング研究会 ビーコン活用WG 主査)

16:30~17:00 「センパナビ」クーポンキャンペーンの概要とデータ分析
   位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫
        (名古屋大学 未来社会創造機構 教授)

17:00~17:30 DF.Sensor によるイベント人流データ収集と分析
    クウジット株式会社 CTO 塩野崎 敦
       (O2Oデジタルマーケティング研究会 人流解析WG 主査)

17:30~17:40 休憩


17:40~18:10 物流オープンデータ活用コンテストとPDRベンチマーク標準化
産業総合研究所 人間情報研究部門
サービス観測・モデル化研究グループ 研究グループ長 蔵田 武志

18:10~18:30 屋内位置情報活用の期待と課題
     マルティスープ株式会社 代表取締役 那須俊宗

18:30~18:50 3次元空間地図に関する取り組み紹介(仮題)
     構造計画研究所 梅田雅之
       (O2Oデジタルマーケティング研究会 屋内3D地図活用WG 主査)

18:50~19:00 今後の活動について
   位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫
        (名古屋大学 未来社会創造機構 教授)

19:00 閉会
(終了後 近隣にて懇親会を予定。)


[プレスリリース]BLE ビーコンを利用した名古屋セントラルパークでの実証イベントの開催について

プレスリリース:
BLE ビーコンを利用した名古屋セントラルパークでの実証イベントの開催について

平成28年2月19日
特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構

 特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構(名古屋市中区、代表理事:河口信夫、以下Lisra)では、名古屋市中区栄のセントラルパーク地下街でO2Oデジタルマーケティング研究会の実証実験の一貫として、スマートフォンアプリ「センパナビ」利用客に対してクーポンを発行するイベントを通じて、その効果測定を行います。クーポン(500円分相当・先着1000名限り)は2月19日より29日までの11日間(注:3/6まで延長になりました!)に、「センパナビ」の利用客に対して、地下街のインフォメーションで配布されます。クーポンはセントラルパーク地下街の各店舗で3月17日まで使用可能となります。クーポン利用の際には「センパナビ」の該当する画面を併せて店頭でご提示ください。

O2O(オンラインtoオフライン)は2013年頃から言われはじめたマーケティング手法です。当初は、インターネット上(オンライン)のサイトを訪れた見込み客に対して、割引きクーポンのような特典を提供し、実店舗(オフライン)に導くことでした。昨今では、単にオンラインからオフラインに誘導するという意味だけではなく、広義では、位置情報など多様なセンサーを含めたIoT技術による顧客の動きと合わせ、どのように実店舗と結びつけるかという意味で使われるようになりつつあります。

Lisraでは、昨年9月より会員メンバーと参加希望企業を合わせた研究会を発足させ、2014年度の総務省G空間防災シティ事業で設置された250個のBLE ビーコンを用いた実証試験の準備を進めてきました。今回のイベントでは、同業者も含めた関係する複数店舗への来店動向を明らかにしたいと考えています。また、十数カ所にクウジット社のWi-Fi人流センサーDF.sensorを設置し、地下街のどの場所に、どんな時間帯に、どれくらいの来訪者がいるかのデータも合わせて収集する予定です。


主催:特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構(Lisra)
協賛:セントラルパーク株式会社
後援:西日本電信電話株式会社名古屋支店


取い合わせ先:
〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-17-28
特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構
担当:安藤、余合
電話:052-968-2527

<参考情報>
【スマートフォンアプリ「センパナビ」】
「センパナビ」は名古屋セントラルパーク内の店舗を紹介し、現在地から目的地までもナビゲーションしてくれるアプリです。名古屋セントラルパーク内ではBluetoothをONにすることによって地下街でも地図上に現在地が表示されます。本アプリは、平成25年度総務省補正予算「G空間シティ構築事業」の委託を受け作成され、その後O2Oデジタルマーケティング研究会によって改修されました。

●注意
本アプリは、現在地表示やルート案内機能がありますが、スマートフォンを歩きながら使用すると、周りの方にご迷惑や事故の原因となります。アプリを利用する際は、一旦立ち止まってご利用いただきますよう、お願い申し上げます。




O2Oデジタルマーケティング研究会

O2Oデジタルマーケティング研究会

O2Oデジタルマーケティング研究会


特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構は、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、セントラルパーク株式会社の協力の下、名古屋セントラルパーク地下街を実証フィールドとしたO2Oデジタルマーケティングの研究会を設立します。

O2Oデジタルマーケティングとは、Online to Offline (ネットから実店舗)を目的に、インターネットやスマートホンなどを通じて店舗や商品情報を確認した顧客をどのように実店舗に誘導するか、といった施策や、実店舗や店舗周辺に来訪した顧客をどのように販売や再来訪に結びつけるかを検討する施策です。

今後は、セントラルパークを実証フィールドとして様々な実験を行っていく予定です。

研究会メンバー一覧:

・セントラルパーク株式会社
・NTT西日本
・名古屋大学河口研究室
・クウジット株式会社
・メタプロトコル株式会社
・株式会社構造計画研究所
・アジア航測株式会社
・マルティスープ株式会社
(その他20社程度)


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ