「名駅地下街バリアフリーハッカソン」の開催について:2014年10月18日~19日

名駅地下街を題材にして,バリアフリーに関するアイデアソン/ハッカソンを開催します!

8月24日に開催した名駅地下街バリアフリーマッピングパーティーで集めたバリアフリー情報を使って,車椅子やベビーカー連れの方でも思わず地下街に行きたくなるサービスを考えるアプリ開発イベントです.

2日間の開催となりますが,途中参加・途中退席もOKです.
ご都合のつく時間帯だけでも是非ともご参加ください!

日 時: 2014年10月18日(土) 10時~20時
        10月19日(日) 10時~18時
会 場: 名古屋ルーセントタワー36階 株式会社エイチーム キャンプルーム
参加費: 無料 (ただし、飲食費用については各自実費負担の場合あり)
主 催: NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra)
後 援: Code for Nagoya, オープンデータ東海, LODチャレンジ実行委員会

詳細、申込みについては、Peatix の申込みページからお願いします。


「名駅地下街 バリアフリーマッピングパーティー」の開催について:2014年8月24日(日)

名駅地下街のバリアフリーマッピングパーティーを開催します!

日時:2014年8月24日(日) 10:00~16:30
会場:名古屋プライムセントラルタワー13階 第6会議室
主催: 位置情報サービス研究機構Lisra
後援: 日本財団,LODチャレンジ実行委員会,Code for Nagoya,名古屋工業大学グローバル共生情報研究センター

参加希望者は、[こちら]からお申込みください。

このイベントの最大の目的は,地下街を歩いてバリアフリー地図を作る(段差やスロープ,店舗ごとの車椅子/ベビーカー/盲導犬の可否のマッピング)ことです.参加者で手分けして,写真を撮影しつつ,こちらで用意した地図上にバリアフリー情報をマッピングします.

なお,今回はバリアフリー地図を作ることだけが目的ではありません.
9~10月に開催する外出困難者支援アプリの開発イベント(アイディアソン・ハッカソン)のための課題抽出が大きな目的になっています. 「車椅子の方は,どのような場面でどのような問題を感じているのか」「どのような支援アプリが必要なのか」を考えるための街歩きイベントです.


LBJ2014 にて「WiFiロケーション実験プロジェクト」を実施

2014/06/11~13 に幕張メッセで開催されている Location Business Japan 2014(Interop2014併設)にて、LisraはLocation Business Japan 実行委員会と共に「WiFi ロケーション実験プロジェクト」を実施しています。

多数のWiFiデバイスが集まるイベント会場で、WiFiパケットを通じて位置情報の利活用に関する実験を行うと共に、利用者に有益なサービス提供の可能性を検証するために、イベント公式アプリを使ったゲーム企画「位置情報で宝の地図を探せ」や、「位置情報付き展示会場マップ」などのサービスを提供する実証実験として実施しています。

正式なプレスリリースは、以下から参照できます。


また、Internet Watch に記事を掲載していただきました。

・Wi-Fiパケット観測で、幕張メッセ来場者の混雑状況をリアルタイム表示

お時間がありましたら、ぜひお越しください。
また、Lisraとしては、本実験プロジェクトの経験や成果を今後の位置情報サービスの研究開発・社会実装に活かしてまいります。


屋内位置情報WG開催報告


2014年5月21日(水)に、Lisra 屋内位置情報WG を、インテック様の会議室をお借りして開催いたしました。以下、簡単に開催報告をさせていただきます。今回は、Lisraの会員向けのお知らせのみを行い、外部の方まではお知らせしなかったのですが(会場の都合で)大変、中身のある情報提供や議論を行うことができ、非常に有意義な会となりました。また、終了後は、多くの方が懇親会まで参加いただき、こちらも素晴らしい情報交換の場となりました。また、近いうちに関東での開催を行いますので、よろしくお願いいたします。

日時:5月21日(水)14:00-17:30
場所:東京都江東区新砂1-3-3 インテック東京ビル
地図:https://www.intec.co.jp/company/organization/tokyo.html
開場:13:30、開会:14:00

■プログラム
開会挨拶:
 特定非営利活動法人位置情報サービス研究機構 代表理事 河口 信夫 教授
情報提供:
 「屋内位置情報とO2Oのこれまでとこれから」
   株式会社アイリッジ(iRidge) 取締役/最高執行責任者 黒瀬 翼 様

 「インテックの屋内測位技術とその応用について」
   株式会社インテック 先端技術研究所 研究開発部グループマネージャー 永見 健一 様

 「大日本印刷のO2O事例」
   大日本印刷株式会社 ビジネスイノベーション本部 ストラジックプランニング室 室長 林 典彦 様

「マイセロの屋内地図の概要と事例のご紹介」
   日本マイセロ株式会社 社長 仕田原 秀光 様

まとめ・情報提供  河口 信夫 教授


簡単な内容報告:
最初は、参加者全員の自己紹介をした後、株式会社アイリッジ(iRidge) の黒瀬様から、現在のO2Oの状況や、自社サービス popinfo について、また、今後のO2Oの発展可能性についての情報提供を頂きました。特に、GUにおける実サービスを通じてのO2Oの経験談は大変参考になりました。

次に、株式会社インテックの永見様から、屋内位置情報サービス SonicLocator に関する情報提供を頂きました。すでに運用しているサービスのご紹介などをした上に、実際に会場に音波発生装置を持ち込み、動いているシステムをデモしていただきました。目の前で、iPadが実際に音波を拾い、場所に応じた情報(ビデオ)を提示できている様子を見ることができて、屋内位置情報サービスの可能性を改めて感じました。

大日本印刷株式会社の林様からは、DNPが行っている様々なオムニチャネル施策について幅広くご説明いただきました。複数のチャネルを通じて店舗と消費者をつなぐ枠組みが、このように進化していることを改めて教えていただきました。

日本マイセロ株式会社の仕田原様からは、マイセロがすでに大量の屋内地図を有していることや、
多数の屋内位置情報事業者と連携して、様々な事業を推進していることを教えていただきました。

最後に、代表理事の河口が、全体のまとめと、Lisraの現状の活動(スマートステーション名古屋プロジェクト)の状況についてのご報告を行いました。


アスナル金山でのライブ & スピードくじイベントについて


2014年2月14日(金)バレンタインデーに,Lisraと名古屋大学は、名古屋の アスナル金山(金山総合駅北側出てすぐ)にて、CBC との共同で、ライブと、スピードくじのイベントを開催します。

まず、朝の 10:00~20:30 まで間は、10か所に設置されたスピードくじのカンバンに書かれたQRコードから、空くじなしで、アスナル金山の10店舗のクーポンが取得できます。さらに当たりの人には、もっと豪華なクーポン(30%OFFなど)や、なんとアスナル金山の5000円分の商品券が当たります。

17:30 からは、豪華ゲストによる2時間程度のライブも開催されます。

このイベントで、Lisraとしては、イベント来訪者やスピードくじの利用者について、建物内での移動などの分析を担当しています。地域経済の活性化という課題解決のため、屋内位置や O2Oといった、現在ホットな分野に関する知見を得るための実験の一環として参加しています。

もし、よろしければぜひ、ご参加ください。

(以下のリンク先は、スマートホンにいれておくと、現地で使えます)
スマートホン用リンク


エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ